日月神示 海の巻 第十三帖(五〇五)から第十九帖(五一一)

第十三帖(五〇五)

 

 表に出ているかみがみ様に和合してもろうて世の立て替えにかかりて下さいね、苦労なしには何事も成就しませんよ、苦を楽しみなさい。この世を乱したのは神界から、この世乱した者が、この世を直さねばならないのですよ、この道理わかるでしょう、立て直しの御用に使う身魂は、この世を乱した(不明記号)様です。秘密は秘密ではありません、火水(ひみつ)です、明らかな光ですよ、火水のマコトを悪(不明記号)にたぶらかされてわからなくなったから、秘密となったのですよ、秘密は必ず現われて来ます。あと七つの集団(まどい)が出来ます、一つには(左回りの渦)のしるしつけなさい、この世一切のことを建て替えるのです、(不明記号)の道も変えますよ、心の置き所も変えますよ。八月二十三日、一二(不明記号)。

 

 

第十四帖(五〇六)

 

 何もわからない枝葉の(不明記号)に使われていると気の毒出来ますよ、早くその(不明記号)と共にここへ参りて、マコトの言(コト)を聞いて、マコトに早く立ち返りて下さいね、〇九十(マコト)とは〇一二三四五六七八九十です、一二三四五六七八隠れているのですよ。

 

 縁あればこそ、そなた達を引き寄せたのです、このたびの二度とない大手柄の差し添えとなって下さいな、なれる因縁の尊い因縁を壊さないように。見て見なさい、真っ只中(ただなか)となりたら学でも智でも金(かね)でもどうにも見当取れないことになるのです、今は(不明記号)を死なして人民が上になっていますが、そうなってから(不明記号)に助けてくれと言っても、時が過ぎているから、時の(不明記号)様がお許しなさりませんよ、マコトになっていれば何事もすらりすらり。八月二十三日、一二(不明記号)。

 

 

第十五帖(五〇七)