日月神示 黄金の巻 第四十四帖(五五五)から第四十五帖(五五六)

第四十四帖(五五五)

 

 奉(たてまつ)る歌書かしておいたに何故読まないのですか。大き声で読み上げなさい。歌うたい呉(く)れと言ってある時来ていますよ。歌でイワトひらけますよ。皆歌え唄え。各(おの)も各も心の歌つくって奉(まつ)りなさいな。歌結構です。

 

 ひふみゆら、ひふみゆらゆら、ひふみゆらゆら。

 かけまくも、かしこけれども、歌たてまつる。

 御まへに、歌たてまつる。弥栄(やさか)み歌を。

 世を救う、大みゐわざぞ。みことかしこし。

 まさに今、神のみことを、このみみに聞く。

 三千世界、救ふみわざぞ。言(こと)ただし行かな。

  大神の、しきます島の、八十島(やそしま)やさか。

 天(あま)かけり、地(くに)かける神も、みひかりに伏す。

 堪へに堪へし、三千年の、イワトひらけぬ。

 したたみも、いわひもとほり、神に仕へむ。

 大稜威(おおみいづ)、あぎとふ魚も、ひれ伏し集ふ。

 かむながら、みことの朝を、みたみすこやかに。

 神の子ぞ。みたみぞ今の、この幸になく。

 国原は、大波うちて、みふみを拝す。

 天もなく、地もなく今を、みことに生きん。

 大みつげ、八百万神も、勇みたつべし。

  天地(あめつち)の、光となりて、みふで湧き出づ。

 一つ血の、みたみの血今、湧きて止まらず。

 大みこと、身によみがえる、遠つ祖神(おや)の血。

 すでに吾れ、あるなし神の、辺にこそ生きん。

 高鳴るは、吾が祖の血か、みつげ尊し。

 吾れあらじ、神々にして、祈らせ給う。

 天地も、極まり泣かん、この時にして。

 かつてなき、大みつげなり、立たで止(や)むべき。

 天地も、極まりここに、御代(みよ)生まれ来ん。

 大き日の、陽にとけ呼ばん、くにひらく道。 

  みことのり、今ぞ輝き、イワトひらけん。

 宮柱(みやばしら)、太(ふと)しき建てて、神のまにまに。

 抱き参らせ、大御心に、今ぞこたえむ。

 言いむけ、まつろはしめし、みことかしこし。

 ただ涙、せきあへず吾(あ)は、御(おん)まえに伏す。

 ささげたる、生命ぞ今を、神と生(あ)れます。

 大まえに、伏すもかしこし、祈る術(すべ)なし。

 今はただ、いのちの限り、太道(おみち)伝へむを。

 祈りつつ、限りつくさん、みたみなり吾れ。

 いのち越え、大きいのちに、生きさせ給え。

 ひたすらに、みことかしこみ、今日に生き来し。

 言霊(ことたま)の、言(こと)高らかに、太陽(おおひ)にとけな。

 天に叫び、吾れにむちうち、今日に生き来し。

 あらしとなり、天駈(あまか)けりなば、この心癒えむか。

 走りつつ、今海出づる、大き月に呼ぶ。

 みみかくし、生命と生れて、遠つ祖神(おや)さか。

 神々の、智は弥栄え、此処に吾れたつ。

 みたみ皆、死すてふことの、ありてあるべき。

 あな爽(さや)け、みたみ栄(はえ)あり、神ともに行く。

 さあれ吾の、生命尊し、吾(あ)を拝(おろが)みぬ。

 みづくとも、苔(こけ)むすとても、生きて仕えん。

  いゆくべし、曲(まが)の曲こと、断(た)たで止むべき。

 かへりごと、高ら白さんと、今日も死を行く。

 追ひ追ひて、山の尾ことに、まつろはさんぞ。

 追ひはらい、川の瀬ことに、曲なごめなん。

 みことなれば、天(あめ)の壁立つ、極み行かなん。

 と心の、雄(お)たけび天も、高く鳴るべし。

 まさ言を、まさ言として、知らしめ給へ。

 たな肱(ひぢ)に、水泡(みなわ)かきたり、御稲(みとし)そだてんを。

 むか股に、ひぢかきよせて、たなつつくらむ。

 狭田長田、ところせきまで、実のらせ給へ。

 神々の、血潮とならん、ことに生き行く。

 言さやぐ、民ことむけて、神にささげん。

 にぎてかけ、共に歌はば、イワトひらけん。

  大き日に、真向ひ呼ばん、神の御名を。

 道端の、花の白きに、祈る人あり。

 柏手(かしわで)の、ひびきて中今(いま)の、大きよろこび。

 悔ゆるなく、御まへに伏し、祝詞(のりと)申すも。

 祝詞せば、誰か和し居り、波の寄す如。

 のりと申す、わが魂に、呼ぶ何かあり。

 御まへに、額(ぬか)づきあれば、波の音きこゆ。

 悔ゆるなき、一日(ひとひ)ありけり、夕月に歩す。

 曇りなく、今を祝詞す、幸はへたまへ。

 奉る、歌きこし召せ、幸はへ給へ。

  ひふみよい、むなやここたり、ももちよろづう。

 

 かのととりの日。

 

 

第四十五帖(五五六)

 

 相談相談と言って、見物を舞台にあげてはなりません。見物は見物席。祈り祈り結構と言って、邪の祈りは邪の道に落ちますよ。色々のお告げ出ると言ってありましょう。今その通りなのです。お告げに迷うのです。審神(さにわ)して聞きなさいと言ってありましょう。審神して聞きなさい。わからなくなれば神示見なさい。(十一月裏四日)一二十