紫金之巻

日月神示 紫金之巻 第一帖から第七帖

五十黙示録 五葉之巻 補巻 紫金(しきん)之巻(全十四帖) 昭和三十六年 第一帖 高天原(たかあまはら)、おのころに神祇(かみ)つまります、すめむつカムロギ、カムロミのミコトもちて、千万(ちよろづ)の神祇(かみ)たちを神集(かむつど)へに集へ給…

日月神示 紫金之巻 第八帖から第十四帖

第八帖 千引岩(ちびきいわ)今ぞあけたり爽(すが)し富士はも。 神は宇宙をつくり給わずと言って聞かせてあるではないですか、このことよく考えて、よく理解してくださいね、大切な分かれ道なのですから。 福祓いも併(あわ)せて行わねばならない道理。 …