扶桑之巻

日月神示 扶桑之巻 第一帖から第七帖

五十黙示録 第一巻 扶桑(ふそう)之巻(全十五帖) 昭和三十六年五月五日 第一帖 東は扶桑(ふそう)なり、日(神)出(い)づる秋(とき)は来にけり。この巻、扶桑の巻、続く六の巻を合わせて七の巻、一百四十四帖の黙示を五十黙示(いせもくじ)と言いな…

日月神示 扶桑之巻 第八帖から第十五帖

第八帖 平坂の岩戸ひらけむ音のきこゆる。神に怒りはないのですよ、天変地異を神の怒りと取り違い致してはなりません。太神は愛にましまし、真にましまし、善にましまし、美にましまし、数にましますのです。またすべてが喜びにましますが故に怒りはないので…